お客様邸訪問

住宅リフォームステンドグラスのある家

2011年3月11日の東日本大震災で半壊となった一部建物を改築いたしました。お客様は折角やるのであれば、近所にはないユニークな住宅に したいとのご希望でした。
設計担当と頭を悩ませながらではありますが、お客様のご希望を忠実に再現できるよう、仕上げました。 2階建てではありますが、可能な限り背を高くしたことで、近所の方からは3階建てと勘違いされるほどです。
2階はダークブラウンのフローリングで落ち着いたテイストに。1階はティーブラウンで和室との相性も抜群です。
一番の特徴は、2階南側のステンドグラス調のウィンドウ。硝子メーカー協力のもと、セミオーダーで製作しました。屋内で生活する施主さんはもちろん、道行く人の気持ちもホっとさせる意匠です。
キルト製作が趣味の奥様の部屋には、使い勝手の良い仕様を考慮し、収納付きデスクを設置しました。施主さんの想いがたくさん詰まったオリジナル家具に大変満足されています。南向きのお部屋なので日中はポカポカ。お庭を眺めながらのキルト製作がより楽しくなりそうです。