お客様邸訪問

住宅リフォーム平野の家

築35年の木造住宅を全面リフォームしました。当時の建てかたが良く、構造体はとてもしっかりしていました。ただ、冬寒いのを何とかしたいとのお客様の希望で、サッシを全て入れ替え、2F天井と1F床は全て断熱を入れ、冬暖かい家を実現致しました。サッシを入れ替えた後のサッシ廻りの外壁は、あえて補修せずに、サンディングを加工して縁取りし、アクセントになっています。また、筋違いなど構造部分は再計算によって耐力を確認し、全て耐力が不足している部分には補強を施しました。

1Fは古民家のようなイメージにしたいとのお客様のご希望でしたので、既存の柱や梁をなるべく再利用して、また、ポイントとなる部分には、新しい梁や柱を追加して濃茶で塗装をし、古民家のイメージを実現致しました。和室は、既存の天井材の下に下地を組んで、木材を格子状に組み、写真の様な仕上がりになっています。面(角)のとり方等は、大工さんの技が感じられます。水廻りはシステムキッチン以外全て新しくしましたが、古民家のイメージを損なわないよう、デザインの調和を心がけました。また、システムキッチンは再利用でしたが、リフォーム後の空間にピッタリとおさまっています。

2Fは若い方でも違和感無く、ごく普通に生活ができるように、明るいイメージの完全な洋空間となりました。改修前は暗い感じでしたが間取りや採光を工夫して、また収納を各所につくり、とても生活のしやすい空間となりました。造り付けの棚を各所に設置し、家全体のインテリアを崩さない仕上がりとなっています。

お客様からは、ローコストでもイメージどおりに仕上てもらって、毎日快適に過ごさせていただいてますとのお言葉を頂きました。

Before(施工前)