お客様邸訪問

住宅リフォーム堀河町の家

築30年の木造住宅の内装を全面リフォームしました。
コストバランスを考え、比較的状態の良い屋根と外壁はそのままに、内装や水廻りを中心にリフォームしました。また、筋違いなど構造部分は再計算によって耐力を確認し、全て耐力が不足している部分には補強を施しました。既存の化粧柱や鴨居など再利用できるものと、そうでないところのバランスを考え、新設部分も出来るだけ自然素材を用いることで、新旧一体となった、デザインの調和を心掛けました。
リビングの中央にある、約畳一枚分の大きな堀コタツを中心に、これから先も建物と一緒に時間の経過を楽しめ、そしてとても風通しの良い豊かな住環境が出来たと思います。

台所や水廻り、リビングダイニングを共有した2世帯住宅です。基本的に生活の中心になるリビングダイニングを中心に1階を親世帯+共有空間、2階を子世帯といった間取りになっています。もともと北側に独立した寒々しい台所と南の障子で仕切られた縁側によって薄暗くなっていた居間空間とを、全てリビングダイニングに取り込み、廊下との境は大きな可動障子で空間を調節できるようにすることによって、季節に応じて空間の大きさを調節することが出来る、大きなリビングダイニングキッチンが出来ました。
お客様からは、明るく、温かく、そしてなにより掃除が楽!と大満足のようで、ローコストでもここまでのリフォームが出来るのかと、関心して下さいました。

Before(施工前)